読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

おしゃべり

花をあげる
泡立つ水をあげる
春をあげる
ぬぎすてられた甲羅も
開かない傘も

 

わたしたち
の中にあなたも入っていることを
みんなが忘れそうになっている

 

火曜日をあげる
眠りをあげる
熟しすぎた苺
大気の中の香り
今おちた糸くずもあげる

 

とてもちいさな夢が
どこからともなくやってきては
わたしたちをさいなむ

 

掃除して
ちらばった服をかけて
椅子のほこりはらって
窓あけて
それでも足りないあなたは
もっと、窓をあける
出てゆくときは
測らなくては
でも
誰も単位を知らない

 

あなたが移動している
その空白を埋めるには
手当たり次第
そこへささげなくては
ささいな
ささいなものを
たくさん

 

花をあげる
泡立つ水を
気泡にゆれる水草
うみつけられた命を
それから
それから

 

 

落涙のとき


世界中の匂いが

花や果実で占められるときがくる


世界中の泥が

ぬぐいさられるときがくる


光、


光がおとしてゆく影

その重みを

土は受け止める


かがやかない

片側の真実を

受け止める


わたしは軽やかではない

明るくもない

脈打ち、にぶい波を放ち

涙が流れて

土にしみる

落ちたその痕は黒く

黒く

より黒く


そして

世界中が花の香りで占められた今日よ

 

 

棲息区域

 

もう旅はしたくない、と思った

 

サンクチュアリ

蓮のかおりがすこし漂っている

 

誰かがさしのべる手のひらは

あたえられる権利のように

まぶしく見える

 

でも・・・

 

「旅はいいものだよ」

 

でももう旅はしたくない

からだにくみこまれたルートがある

空虚で機械的な道だけれど

この身を委ねたい

 

ロータスイーターのいる池

おいていかれた鳥の一匹と

水に映る満月をながめている

 

 

天狼のある部屋


あおじろくもゆる焔は

人々がそれを幾千度、と話すとき

あのあおざめたくちびるの温度と、どのあたりで平衡するだろう

 

ふるい冷蔵庫がごくりとのどをならしている

 

これほどまでに冷えた部屋は星のよう

拡散しない冷たさは、硬いと言っていい

温度計を手に鉄塔の上から透視すれば

今日この町は星図のようだろう

 

なかでもひときわ輝くのは

天狼のページが開かれている、この部屋に違いない

37度近い体温のわたしの末端がもえるように冷えている

 

乾く喉のために水をくむ

このぬるさは闇でも光でもない

広大な真空そのものの感触

 

 

ときどき、自分の好きな詩を読み返します。

「天狼」は本当に美しい詩だと思います。今月、鈴木漠さんの詩集をあらためて読み返していたのですが、新しく発見することや、初めて理解できたこともありました。ずいぶん前に古本屋で買った連句集も、ようやく読みたいと思うようになりました。

歳をとったせいなのかな、と考えています。

 

ある朝

その日の朝はうすくかなしい匂いがしていた

すがすがしいの意味を考えていた

不安なような

もはや何もかもどうでもいいような

けれど水を飲まなければいけない気がして

うすぐらいキッチンで水を飲んだ

 


家を出て

点描された風景のなかを歩いて

みんなのところへ行く

かたちが散ってゆくまぎわの街の上に

千の青色がかさねられた空がおりてくる

いきすがら

外をごらんよ、と母に伝えたいと思った

けれども多分あまり意味がない

 


白い湖の真ん中で

みんなは舟に乗って待っていた

わたしはときおり濃淡がかわる灰青の点を

飛び石のようにふみすすみながら

舟へむかった

そしてもう一歩のところで

そとをごらんよ、という音が

反射する水面になって

まぶしくわたしをつつんだのだった

 

 

ナビゲーション

 


“山猫”を訪ねたが、今日は閉まっていた

うまいものが食べたいという思いが強すぎて

自分の道が狭まっている

そう感じることが多くなった

 

なんでもいい

腹を満たせれば

 

そういう態度で昼も夜も生きれたら

わたしの道は

この町を包み込むほどに広がるだろうと思う

 

 

 

 

15時


クズとカスのどっちが上か、という話を

ベランダで話していた

 

クズっていうと、たとえば野菜くず、とか言うじゃない

まだ何か使えそうな気配がある

まだそれそのものの魂を失ってない感じするけど

カスだと、必要なものをしぼりとった後っていうか

なんかもう、用立たない感じだよね

スピリットがないっつうか

 

と言われてなるほどな、と思う

二人の間で

ののしりに、より有効な言葉はカスという協定が結ばれた瞬間だ