読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。時々更新するかも(努力中)。

ある朝

その日の朝はうすくかなしい匂いがしていた

すがすがしいの意味を考えていた

不安なような

もはや何もかもどうでもいいような

けれど水を飲まなければいけない気がして

うすぐらいキッチンで水を飲んだ

 


家を出て

点描された風景のなかを歩いて

みんなのところへ行く

かたちが散ってゆくまぎわの街の上に

千の青色がかさねられた空がおりてくる

いきすがら

外をごらんよ、と母に伝えたいと思った

けれども多分あまり意味がない

 


白い湖の真ん中で

みんなは舟に乗って待っていた

わたしはときおり濃淡がかわる灰青の点を

飛び石のようにふみすすみながら

舟へむかった

そしてもう一歩のところで

そとをごらんよ、という音が

反射する水面になって

まぶしくわたしをつつんだのだった

 

 

ナビゲーション

コロニアルデイズ

 


“山猫”を訪ねたが、今日は閉まっていた

うまいものが食べたいという思いが強すぎて

自分の道が狭まっている

そう感じることが多くなった

 

なんでもいい

腹を満たせれば

 

そういう態度で昼も夜も生きれたら

わたしの道は

この町を包み込むほどに広がるだろうと思う

 

 

 

 

15時

コロニアルデイズ


クズとカスのどっちが上か、という話を

ベランダで話していた

 

クズっていうと、たとえば野菜くず、とか言うじゃない

まだ何か使えそうな気配がある

まだそれそのものの魂を失ってない感じするけど

カスだと、必要なものをしぼりとった後っていうか

なんかもう、用立たない感じだよね

スピリットがないっつうか

 

と言われてなるほどな、と思う

二人の間で

ののしりに、より有効な言葉はカスという協定が結ばれた瞬間だ

 

 

you

コロニアルデイズ

 

「われわれには水風呂はよくないのかもしれぬ」

 

「月曜日に入った水風呂のせいか

 土曜になっても調子が悪いのだ

 まったくこいつらときたら正直すぎるよ

 おれは水風呂がすきなのに」

 

夫は免疫異常の病持ちで

自分の細胞と自分が切り離された暮らしをしている

だから時々、一人称がわれわれになる

 

「われわれ、っていうけど、あなた自身のことでしょ」

「そうそう。おれは集合体なの。」

 

わたしは一人の男と結婚したつもりだったが

いまはとある細胞の一団と暮らしている

 

 

 

午後

コロニアルデイズ


ピンク色のボウルの中に

小さな海をつくらねばならない

 

塩を溶かして、少しなめてみる

海の味はどんなだったか

わすれてしまった

 

壷に匙をさしたままの

数秒間