読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

いのり

 

すれちがうときになる音を

いくつも引きずっている

船は音楽のようだった

わたしにわすれられない人たちがあるように

船にも刻印のような出会いがあっただろう

時を経るごとに複雑になる

轟音に包まれている

 

三時

 

かれらは長い目をとじ

わたしも二つの目をとじる

一、二、三、四・・・

一日のうちでその数秒は

とてもしずかな

何も起きないひととき

 

 

 

 

 

 

***

 

今年一年、読んでくださってありがとうございました。

平凡な生活のなかの、平凡なことばをぽちぽち組むだけですが、

ささやかな冒険、ささやかないくさ、私はとても楽しかったです。

また来年も、色んな詩を作って遊び倒したいと思います。

 

くるとしがみなさまにとって、よりよい一年になりますように。