読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

ある朝

その日の朝はうすくかなしい匂いがしていた

すがすがしいの意味を考えていた

不安なような

もはや何もかもどうでもいいような

けれど水を飲まなければいけない気がして

うすぐらいキッチンで水を飲んだ

 


家を出て

点描された風景のなかを歩いて

みんなのところへ行く

かたちが散ってゆくまぎわの街の上に

千の青色がかさねられた空がおりてくる

いきすがら

外をごらんよ、と母に伝えたいと思った

けれども多分あまり意味がない

 


白い湖の真ん中で

みんなは舟に乗って待っていた

わたしはときおり濃淡がかわる灰青の点を

飛び石のようにふみすすみながら

舟へむかった

そしてもう一歩のところで

そとをごらんよ、という音が

反射する水面になって

まぶしくわたしをつつんだのだった