silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

20時

 

なつの夜

南島にたどりつくはずの

アオバズクの声がした

 

とりも方向音痴なのがいるのだ

酒がはいって

なにごとも愉快におもえた