読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

クロージング・タイム

 

次から次に丘にあがってくる人たちが

サーフボードを立てかけては去ってゆく

わたしはスプーンを数えながら

同時に色とりどりのボードの数もかぞえている

 

注文と

作成と

給仕のくりかえしは

波のよう

寄せては返す

 

リズムをくずさない彼女の

あるく軌道のとおりに

時間が進んでゆく

けれど

今日という日が

二十四時きっかりに

終わるとは

けっして言わない

 

測れないものを測るような

遠浅の海の音を聴いている

 

植物のような夜と

白砂に覆われた道、

人々が残したものとともに