読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

つれてゆけない

 

 

世界があいしているのは

石だけなのに

 

わからずや

きみのその手にある

深紅の爆やく

なんて、なんて柔らかい時代の手なの

永遠についてなにも知らない

それなのに永遠を約束するとか、うたってるものを

つかんでる、いつか崩れる肉になる手で

着火して

いきおい

はじけとぶ

体の中の骨

世界の骨は石なんだ

破壊される

つめこまれた感情の散弾がうちぬく

そのあとかたを

だまってつれてゆくんだ

世界は

だれもつれていかない

ただ石だけを

無言でつれていくだけ

それなのに

それなのに、

きみのやわらかいその手は