読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

夜の魚

 

静かにひきあげると

朽ちた水底の匂いがした

完全武装をしているのに

武器の先端でおきていることの味を

嘗めたことがない

わたしの仕掛けた罠のまわりに

なまぐさい喧嘩がおきて

そうして最後にはばをきかせたのが今

クールボックス

暗い水の中にいる

 

もうすぐ夜が終わる

なぜなら朝の匂いがするからだ

完全遮蔽の箱の中には

その匂いも光も入らない

夜に釣られ夜に閉ざされ

夜に殺される魚の

身体の冷たさを

わたしは帰りの車の中で考える

コンビニエンスストアに寄って

珈琲を買って

明け方の霧を見ながらすする

そのかたわらの

かれの静かな勝利の

うたが満ちている場所、

その温度も伝わらない、わたしの、

この場所