読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

みおくり

 

一年のうちのまばらな休日を夏にかきあつめて
伯父たちは父の家にあつまる

夕暮れどき、さりさりが鳴りやまない部屋で
大きな袋を人数分ならべ
竿と糸と針、息をする餌、懐中電灯

かびの生えた軍手と蛾のような浮子
夜に噛むためのするめや酒など
それぞれに入れながら
今日の位置をはなしあう

気が済むまで話し合ったあと
かれらが家をでていく
そのうしろ姿をだまって見送る
道具のこすれる音が遠のいてゆく

その先にある夜の海の光
幾年へてもわたしは
ついて行けない
ドアがバタンと閉められると
もうそれだけで
よづりの愉しみから閉め出されてしまう