読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

いき、うた、それから、かぜ

弧をえがく歳月を

巡り続ける

ひとのかなしさ

わたしの抱える罪も

かなしさの一部分だ

だから

声高に宣言するきみらのことを信じずに

この一瞬をいきるための

あたらしい呼吸法や

新しい文章を

さがしていた

それは蟻や鳥のなかに

あるかもしれず

樹脂や鉄や石

音楽のなかに

あるかもしれなかった

建築や

真空やひかり

人のなかにも

あるのだろうか

これから

文字をラベンダー色で書こう

七つの岩山のふもと

山羊たちをしたがえて

うたうひとびとにとどく風がふいているあいだは