読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

キ・プリピア港にて

 


寄港した先
キ・プリピアの街に降りて
街行く人びとの匂いを嗅ぎたいと思った
港の周辺には生鮮食品市場が多いのは
どこの星も一緒なのだろう
くすんだ赤い看板の下に人だかりができて
大きな生き物の死体を解体しているらしいのが見えた
腹をさき新鮮な内臓を取り出すと
人だかりの中から容器を差し出す手がいくつも現れ
解体士は均等に内臓を入れてゆく
少し離れたところでじゃりじゃりと
硬貨のやりとりする音が聴こえる
臓物のないからだの柔らかそうなところに
次々と刃を入れて
まるで機械を分解するように
決まった順番があるかのように
骨と身を選り分ける
骨のための容器が差し出される
身のための容器を持つ人々が我先にと争い始める
わたしにも
誰かにとっての最適な
飼料となるときがきっとくるだろう
身を離され骨を洗われ
うつくしい生き物たちの
一晩だけの燃料になるだろう