読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

朽ちてもいいんだ、この町は

 

 

坑道は閉じられた

 

この町の盛衰などは

年表に改めて書きくだすまでもない

 

わたしたちは身を染めるように

幾百の眼で見てきたではないか

 

鉱石と蔓草と共同墓地

その合間のくらしのうつくしさ

いく年も

その中に身を尽くし

過ごしてきたではないか

 

もはや町とも呼べないひとつの集落において

産業は廃れても

精神は鉱夫の子としていきる

わたしたち

今日も明日もくちずさむ唄をもつ

わたしたちは

 

枯渇に放り出されても

こころは鉱山のままにいきる

老人をいたわることを忘れはしたが

血の中に爆破の衝撃がめぐりつづける

いつか硬いことばをうしなうだろうとも

唄は唄のままにいきる

 

そのような唄を受け継ぐ

わたしたちは

綴られることを望まない

時が拡散するように

山を越え海を越え

散らばってゆく

わたしたちは