読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

silentdogの 詩と昼寝

詩をおいてるばしょ。更新はきまぐれ。

うちわ屋

 


この辺りではこれは伝統工芸品なのですか


うちわをしずかにかたむけた老婦人は
そのようです、と言った


夏至の夕ぐれ


これがそうです、と少しくたびれたうちわを差し出された
半分は普通のうちわで
もう半分は、透明な地に墨絵が描かれている


これはどちらも
同じ地ですが
こちらがわは、ニスを
塗るのです
すると絵柄だけが残って、あとは
透けて見えるのです


ことばの
声と声との間のしずみようはうつくしく
意味は忘れられて久しいように聴こえる


これはそうして、つくるのです


わたしは一本、それを買い
川までの道をゆっくり
なまぬるい空気をあおぎあおぎ
ひとびとの流れにまざって行った